2012年02月29日

ハナがコロの所に行っちゃった

低体温症で動けなくなっていた、ハナが昨日28日息を引き取った。

バイクハウスダートの主人が拾ってきた子犬のうちの1匹だった。

東北各地のモトクロス場でかわいがられた犬だった。

最近では近所のジジババからいろいろなおやつをもらい、少し太り気味だった。

コロとは仲が良かった、あちらで楽しくやってくれ。
posted by 古いバイク at 15:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

除雪機のマフラーカバーが取れた


犬の後ろ脚は動かないまま、後ろ脚はもうダメかな?

そんなことを言ってても雪は降る。

除雪機は連日出動だ。

そんな中、なんかビビり音がするなと思ってたら、マフラーのカバーが取れた。

カバー取付け部がマフラー側で折れてしまっている。

マフラーはかなりの高温になるので、手が冷たくなったころ、ゴム手袋のままマフラーカバーに手を当てるとちょうど暖かくなる。

カバー無しでゴム手袋を当てると焦げてしまうし、熱すぎて危険だ。

ということで溶接で付けることにする。しかし薄物なので難しい。

エンジン溶接機はやめて、ノンガスの半自動溶接機を使う。

dc021410-2.jpg

それでも近い距離で1秒以上あてると穴が開く。

しかたないので、にゅるにゅる出てくるワイヤーを長めに出し、ちょんちょんあてるようにして付けた。

ノンガスなので、スパッタが多くて見た目は大変悪いが、つけばいい。

dc021409-2.jpg

何とか4か所つけられたので、耐熱塗料を塗って取り付けた。

今のところ大丈夫だが、キャタピラーのゴムにはヒビが多くなるし、走行クラッチのワイヤーも切れた。1991年から1997年頃の型なので。次はどこが逝ってしまうのか、真剣に次の機械のことを考えなければ、80歳代と50歳代で除雪するには人力だけでは絶対無理。

故障したとき除雪を頼める人を検討した。

書道塾向かいの花屋(葬儀屋)に頼もうということになった。

お互い駐車場の利用で、協力関係にあるのだ。
posted by 古いバイク at 16:31| Comment(0) | 除雪、除雪機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

犬が低体温症で動けなくなった。


朝電話で呼ばれた。

犬の足が折れて動けないらしいと・・・・・

(足が折れた?)

(どうやって?)

行ってみると確かに、ハナが(雌12歳)

アオーーーン とも ひーーーん とも いえないような 情けない声で鳴いてる。

緊急事態のようだ。

自力では起き上がれず、とりあえず風除室へ入れた。

車のヒーターを入れて、そちらへハナを移し、動物病院の開く時間を待った。
もう二度と立ち上がれません。・・なんて言われたら、安楽死も考えないといけないのかな?

自分が入院した時のことを考えると、自力でトイレに行けなかったときは、このまま動けないままなら死んだほうがましだな。そう思ったのを思い出した。

体温計で測ると、測定不能。

温度計で測ると、32度。

低体温症ということだった。

原因としては、老化と甲状腺関係が疑われるらしい。

血の巡りの良くなる注射をしてもらった。これからは、冬は室温で過ごすしかないようだ。

居間に敷物を敷いて、ストーブをつけて、寝かせた。

dc021714.jpg

まだ時折情けない声を出している。

10分ほど用事を足して帰ってみると。

dc021718.jpg

なんとストーブを背中にして寝ていた。

やはり寒かったのか、その後は室温が上がるにつれて、ストーブから離れた。

しかしまだ、後ろ脚は自由がきかないので立ち上がることはできない。

さっそくうちの父が見舞いにやってきた。立とうとするがまだ立てない。

今のところ見守るしかない。

水は飲むようになった。トイレはどうしよう。外に出せはするだろうと医者は言うが。まだ立てない。

雑種の力で何とかしてほしい。

posted by 古いバイク at 17:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。